埋入されてることを証明出来る証明書や診断書

埋入されてることを証明出来る証明書や診断書

「金属探知機は装着したりする銀歯やブリッジに反応しなかった」という方がぜんぜんだと思われている。金属探知機は、金属の大きさや原子量の大きさに比例して反応します。インプラントはチタンと呼ばれます金属でできており、金や銀の原子量に比べて小さい原子量とされているのです。つまり、金属探知機はインプラントにまったく反応しないと考えてよいでしょう。近年、金属探知機の精度が上昇してきており、チタンが金属探知機に反応することもあるかもしれないが、医療目的でチタンを使用しているのであるならば搭乗は可能です。「大事な目的で飛行機に乗るため心配だ」という場合は、事前に担当の歯科医師からインプラントの種類や埋め込んだ場所を確認しておき、空港で伝えられるようにしておくとよいでしょう。証明書や診断書は必要はなくなりましてしまったので、明確に情報を伝えられることを意識してください。ですが、日本よりもチェックが厳しい海外の空港で搭乗を予定しましたりする場合、口頭での説明だけだったのでは認可されません可能性もあげられます。そのときには、インプラントが埋入さていることを証明できる証明書や診断書があると安心かもです。

トップへ戻る