場所により硬さが違う

場所により硬さが違う

インプラントフィクスチャ―の埋入には、歯肉に穴をあけ、骨にも穴をあけることで、チタン製のボルトのようなねじにみたいな金属を埋入することは必要となってくるのでしょう。骨は硬かったり、柔らかめだったりと場所により硬さが違うこともあるのですけど、個人差や年齢にによりましても違いが出てくることや、タバコや糖尿病などの影響を強く受けましてしまうでしょうでしょうため、骨だけが丈夫でもダメですし、粘膜も硬い部分が多いところと柔らかい粘膜しかない部分などもあり、ただボルトを骨にねじ込む治療ですが、突き詰めると大変奥深い治療あるのですといえます。でも、インプラント手術は、ミクロン単位での行為でででではなく、ミリ単位の歯科治療でありまして、精密歯科治療とは、奥深いの意味合いは大変異なるものともいえる。歯の治療は硬組織と向き合う治療であるので、ミクロン単位の操作となってくるのですが、インプラントフィクスチャ―をミクロン単位で埋入するなのでなくなっていたのです。ゲージもミリ単位ですし、ドリルやインプラントフィクスチャ―の長さや幅などもすべてミリ単位となっています。しかしていながら、既成品として作り込まれたパーツの集合体であるため、一つ一つの遊び(誤差)は少なく、パーツ自体は、精密歯科治療のレベルではどうにもできませんくらいの、ミクロン単位の精度で作り込まれているのです。

トップへ戻る