抜糸を行いインプラントが安定

抜糸を行いインプラントが安定

医師による治療が適切でありましたとしても、患者さんが術後の注意を怠ってしまう、ケアが不十分であることによって術後感染による問題を起こす場合があげられます。例えば術後に患部を舌や指で触ると、傷口から雑菌が入りやすくなってしまいましたとしてましたんだとしてましていますのです。また、強くうがいをしてしまうでしょうでしょうなどにより傷口の治りを促す血の塊(血餅)がなくなってしまい傷の治りが遅れ抜糸が先延ばしになること細菌感染による問題を引き起こす可能性が高まります(歯ブラシで患部をこすってしまい刺激を加えてしまうこともリスクが高まります)。管理ができておらず、雑菌が繁殖した歯ブラシでお口の中を磨いている場合や、毎日の歯磨きが十分でなく常にお口の中に汚れが残っている場合も感染による問題を起こしやすいようです。抜糸を行いインプラントが安定した後も、自宅での歯磨きや歯科医院でのメンテナンスなどを怠ってしまうと、インプラント治療後の感染による問題が起こる実現性が高くなるのです。

トップへ戻る